HOME>トピックス>経費節減に取り組む企業には魅力的な方法です。

2種類あります。

コピー機

近年人気のコピー機のリースについては、主に2つの方法があります。1つがオペレーティングリースと呼ばれるもので、もう1つがファイナンスリースと呼ばれるものです。前者は単純にコピー機をレンタル会社からレンタルするものです。一方で後者はリース会社からコピー機を借りるという意味では前者と同じですが、リース期間終了後にはそのコピー機を所有することとなります。また前者の場合は基本的には中途解約可能ですが、後者の場合には基本的には中途解約ができないと言った違いもあります。企業にとってこれらはいずれも共通的なメリットがあるため、多くの企業で導入されている手法といえます。

初期費用が少なくて済む。

メリットとしてまず挙げられるのが初期投資が少なくて済むという点です。コピー機を購入するとなりますとかなりの出費となりますが、リースなら毎月一定額のリース料の支払いだけですので、導入時において一度に多額のお金を支払う心配は要りません。

税金面でも有利です。

またリースは税金面においても特徴があります。コピー機を購入すると資産となり固定資産税が課せられます。しかしリースで導入したコピー機は資産とはなりませんので、固定資産税は課せられません。このように節税効果があるという点も特徴と言えます。